ひなたぼっこ~お餅つき。

畑の麦踏みをしたり、苗つくりの準備をボチボチ開始しながら、この厳寒期を過ごしている。

そんな中、カフェ・チームシェルパにて、ひなたぼっこのみなさんとお餅つき。
P1210368
不登校の子供たちを支援されている ひなたぼっこ。

今の暮らしのシステムは、最終的には雇われ人~サラリーマンになるように仕組みがつくられているように思う。その仕組みのルールの中で学歴のようなモノがあり、そのレールから外れると行き場を失うようになっている。
 そして、横並び的な思考の中に競争が組み込まれ、敏感な、多感な人・子供ほど、今のシステムに疑問を持つのだろうと思える。この疑問を持った時点で、何か?社会からはじかれてしまうような雰囲気の中では、やはり伸び伸びさが失われてもいく。

 雇われる側が適している方もいると思うので、全てが自営的な仕事・生き方になるべき・・・、とは言わないが、まずは自営的な仕事を目指すような教育システムが健全なように感じることが多々ある。
  夢を追う、叶うためには・・・というフレーズがあるが、「自分がやってみたい。」と感じることを伸ばし、それで暮らしのための賃金が循環できるように考えれば、本人がやりたい!ということを人生を通じて邁進することが出来る近道に思う。
 その途中には、学びのために雇われ人になる時期もあってもいいし、時にはあるべき、なことでもあるが、最初から雇われ人を目指させるのは、大きな違和感を感じている。

 このような自営的な仕事への想いが多ければ多いほど社会の中には多種多様な価値観が生まれて真の豊かさが蔓延し、それぞれの人格を認め合うことにもなって無用な争いも減るだろう。

 人は、生まれ持って与えられた性格や気質がある。
音楽や芸術的な特質などはわかりやすいことであるが、いわゆる賢いと呼ばれる頭脳をもった人、いわゆる記憶力が強いと呼ばれる人、手先が器用でモノつくりが得意な人、計算などの黙々とした作業が好きな人・・・などなど。

 「横並びの中に組み込まれた競争」の中から見い出すというような一辺倒なシステムではなく、その与えられた気質を素直に伸ばす多様性のあるシステムが楽しいだろうな、と思う。(今のシステムが全てではない、と思う。)

不登校の子たちは、そのような事に叛骨的な意思表示をしている気がするし、今からの時代の先駆けをしているような気もしてくる。
そんな視点で見れるようになっている自分もいる。

追:
生まれ持って与えられた気質を、お互いに与え合ったり交換し合う時に、今はマネー数字で表現されているが、本質の本質は、マネー数字で表現しなくてもいいのにな、と思うことも多々ある。
 

雪踏み?麦踏み。

それなりに降った雪の日。
八ヶ岳をバックに、麦踏み~雪踏み?
10917863_10204679521299636_5216897440544707984_n

(えーこさんFBより)
みんなで農園~小麦部。

今日は、昨日から泊まっていたマッキーくんも誘って、じゅんくん、えーこさんの4人でフミフミ。

2月21日(土)に開催予定の旧暦新年会&3月21日に予定のえーこ半世紀祀り&やぶき家送別ライブのミーティングも。

インフル苦しむ~道祖神祭り

1月11日に行われた道祖神のお祭り(飲み会)。
今までは外に出て会食をしていたが、今年は公民館にて。
P1110363
P1110362
昔々は、〆に肉うどんを食べるのが習わし的に行われていたようで、今年から復活。
P1110364
むちゃくちゃ美味しく感じて、3杯もおかわりして食べ過ぎたのだった。

・・・と、この道祖神祭りの終了の帰宅後から、なにやら体が不調になる。
11日~14日の4日間、ずっと寝込んだ。
いやあ、キツカッタ。
何よりも腰が痛くなってしまい、ゆっくり寝たいと思いつつも、しっかり寝れず。

毎年、軽い風邪は引くものの、これほど寝込む程になった記憶がないので初めてのインフルということになる。

やっとほぼ回復、もう少し養生しながら作業をスタートさせようと思うのだった。

畑2015稼働始め~薪ストック

もみ殻燻炭作りから、今シーズンの作業開始。
P1100358

八ヶ岳をバックに白煙が上がる風景は、もう何年も続く冬の作業。
作り方はこちら、その①.、、、その②。

ドラム缶(お米貯蔵缶)を利用して作り、この缶の蓋は中央の煙突部がちょうど外れるので、風の強い時でも作れる。

完成したモノは蓋をしたままゴロゴロと転がし、苗土作り場にそのままもって行ける。
P1100352
昨年踏み込んだ落ち葉による温床にまぶして。
P1100353
事前に、温床の落ち葉は何度か撹拌してもらっていたが、そこにモミガラ燻炭を加えて混ぜながら、奥の苗土置き場に放り込む。

やっと今シーズンの薪割り作業が一段落。
P1100359
軒下のストックヤード。まず右端の昨年使ったゾーンにストックし、手前の薪群は、今シーズン使用している左端のモノを使い切ったら春先にストックする予定のモノ。
もう一カ所ストックヤードがあり、だいたい4年分がストックされていき、順次乾かしながら使っていく。

薪割り作業をしていると、いつもエネルギーの自給の事、消費行動のことを考える。
肉体的な労力のちょっとした苦労を使うか?、マネーで購入するための労力を使うか?に突き詰められていく。

いろいろな暮らしの中で、前者の、肉体的な労力が出来る範囲でほんの少し使われるだけでも、この社会構造に変化がもたらされる気がする。そんな事を、いつも薪割りの最中には想うのだった。。。

4歳、おねーちゃん~福島の子たち

「4歳になると、おねーちゃんになるね。」というフレーズで迎えたお誕生日。
P1060344

おねーちゃんになるという、自分でも成長していく過程が嬉しいようで、片付けやら着替えやらを率先して行う回数が増え、それを喜びにしていることが伝わってくる。
ひらがな、カタカナ、数字の読みも覚え、少しづつ学びの喜びも感じているように思うし、保育園でもいつも楽しい、と言うこの頃。

あっという間の4歳。
おめでとう~。

おかーちゃん手作りのケーキにニコニコ。
P1060350
いつもニコニコ。
叱られたりしてもケロッとニコニコ、
夫婦ケンカを傍観し、それが終わったらニコニコ、
何かが出来たらニコニコ、
思い通りにいかなくて悔しくても、すぐにニコニコ。

この、いつでもどこでも笑顔を発する思考は何処からくるのだろう?と眺めている。
自分たちも、たぶんそうだったはずなのだろうけども何処かに忘れた気がするこの純真な笑顔を取り戻さなければ、といつも教えられている。
ありがとうねー。


昼間は、福島の子供たちの保養キャンプで、我が家での餅つき大会。
P1060337
放射能という目に見えない、匂いもしないモノに翻弄される人類。
そのような未来に向けて生きることをスタートしている子供たち。
どこかで歯車が狂い、どこかで辻褄合わせの暮らしの中で時が流れている現実の中で、何を大事にすべきか?の優先順位の変換の必要性を見せてくれている子供たち。

確実に時代の変換期に来ていることを感じている。
少しずつ変化している中で、たぶん何処かで弾ける変化がくるだろう。
その時に、どのような気持ちで弾けた変化を迎えるのか?
今はその準備の時間だろうと感じるし、この翻弄される変化そのものが、この時空に与えられた体感なのだろう、などと思うことが多々ある。

10899853_771807719572968_1075029095_n
何があろうと楽しい時間を過ごしたら、それが全てな時空なのだろう、とも思うこともある。

寺子屋~トーマス

甲州寺子屋という、学びの場に出向く。
2か月に一回ぐらいのペースで開催されているようで、以前からちょっと気になっていた。P1040307
今回は主催の保坂さんと知り合いになったこともあり、「毎日を健康に生きるために」というテーマへの参加。

FBでの情報発信力がすごい岡本さんをはじめ、4人のパネラーの方のトークセッション。
お話しの内容そのものは、もうすでに情報としてはほぼ知っている事を確認した感じである。

この先どのようにして、この事実や情報を拡げ共有していくのか?の手法やアイデアを求めるのではあるが、中々そのような突飛なアイデアはない。
ただただ、その日常の暮らしの原点を見つめて、経済マネーを至上としない生き方の模索、という感じに集約される気がする。
 
 自分の中では、もう少し自分が食べるモノを、自己の身体と手を使って創りあげる時間を組み入れるべきではないだろうか?という想いがいつもある。

 また、この会の最後の質問者の方が問いかけておられた、「売上至上の社会システムの中で、右肩あがりではない社会にシフトしながら、いわゆる豊かな暮らしに変化させるには?」という主旨の疑問は、本音だと思った。
 行詰まりを感じている現行システムから変化をもたらすには、どのように対応すべきか?は、自分も含めた個々人のマネーの使い方と携わり方に尽きるのだろうと思うのだが、その壁は分厚い。
 ほんのちょっと気が付けばいいだけなんだろうけど、という想いの中にある「そうは言っても、」の一言の中に埋もれていく想い、ここからの脱却をほんの少し行えばいい、ということも理解する。

地道に、20年先を見ながら歩もうと思っている、この頃。
 

おまけ。
デパートの催事場で開催されたトーマスくんのイベントに。
P1040295
P1040298
P1040304
映像だけの世界よりも、ほんのちょっとではあるし半リアリティであるが、このリアルさの中でキャラクターのモノに触れて遊んでくれることを大事にしたいなあ、と思いながら。

いよいよ薪割り~最強兵器?

毎年1月の上中旬に薪割りのタイミングとなる。
昨年の夏頃に、ご近所の雑木をもらって積み上げていたものに着手。
P1030195
・・・で、今年は最強な薪割り機をお借りして。
節ありの木でも、ウヌヌ~、メシメシ~と割ってくれる。

お昼ごはんは、いただいたそば粉でガレットを作ってくれたものを。
P1030200


おまけ。
あと数日で4歳になる娘は、カメラに興味をもつようになり、いたるところでパチリとやっている。
P1030205
P1030213
P1030214
P1030230

なるべく修理、Reな暮らしを。

2015のテーマは、より一層「Reな暮らし」を心がけることにする。

まずは、薪割り斧を修理。
今回、2日間で合計4本の修理が完了。
P1020192
柄の交換は、斧の取り付け部に合わせて柄を削り落とし、絶妙な寸法合わせになるようにしなければならず、中々時間がかかる。

 まだ未修理が一本残っているし、ひとつはクサビとして使ったら鉄部が割れたので、2年に一回のペースで薪割り斧の柄が折れ、13年近くで6本の薪割り斧を購入したことになっていた。

 我が家は農体験に来場してくれた人が薪割りをやってくれていたのだが、慣れないと柄を痛めることが多く、またホームセンターのモノは耐久性に難がある。
 斧は信憑性が必要で、修理に自信が持てずにその都度買い直していたが、今回は慎重に時間をかけて柄の交換を実施してみた。

こちらは、ズボンの繕い。
P1030193
へたくそだが、まあ、作業着なので良しとする。

修理して使うことで、大切なモノや想いが増してくる。
そんな暮らしを見つめようと思う。

2015年のスタート。

旧暦新年を意識しているようになったので、なんとなく世間に合わせたお正月~という気分だけでも合わせて^^。
・・・と、想いながらも、カミさんが作ってくれたおせち料理を楽しむ。
P1010180


P1010185

初詣は、近所の神社へ。
ちょうど雪が降ってきて、幻想的に。
P1010186
初めてのお年玉の初めての使い道は、お賽銭だった娘。

道祖神さんにもお参り。

大滝神社にも出向いて。
P1010189
美味しい湧水をいただいて、温泉に入って過ごしたお正月。

手作り門松~古民家なかや

イベント古民家のなかやでの門松作りに。
PC300174

見よう見まねで作っていたら、ご近所のおばあさんが見かねて?ご指導に。
PC300175
縄を編むシーン。
何気なく、クイックイッ~~と編む上げていく姿に感動もの。
いいご指導をいただいた。

せっせと手作りした門松完成~。
PC300178
お正月を飾ります。
記事検索
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ