今日から、やっと風が南風に変わり、畑作業も本格的に体と心が動くように感じれる^^ようになった。

こんな春の気配を感じるこの日、「八ヶ岳はたけ倶楽部」が本格的に始動~。
240327clubhatake4
八ヶ岳がくっきり見える畑の一部を「倶楽部の畑」という位置付けにしながら、お客さま~倶楽部レストラン~農家とのつながりを楽しむ企画。
240327clubhatake3
看板もしっかり建てて・・・。
今日のメイン作業は、レタスの植え付けとトマトの種蒔き。
240327clubhatake1

240327clubhatake2
例年トマトは、夏の期間に販売会をしていただけている。それに向けてみんなで種蒔き。
いろいろなつながりを求めて、楽しんでいきたい。

八ヶ岳はたけ倶楽部の部活動^^が終了後は、地元の酒蔵である「武の井酒造」さんに見学会。

ここでは北杜市でがんばる有機農家が手掛けたお米を持ち寄って、それで焼酎を作り出す!という企画だ。
240327takenoi1
販売は、この企画を立ち上げた小淵沢にある久保酒店さん。
仕込みは、この農場と同じ町内にある武の井酒造さん。
お米は、有機仲間。
ラベルは、地元在住のデザイナーさんにコンペ形式でお願いしてある。
宣伝告知は、地元のジャーナルも通じて。
市役所の職員さんも参加(個人的に?)しているので、官民一体の感も大有り。

ローカリゼーションを見つめることができる楽しい企画。。。

もうすでにお米の仕込みは進んでおり、タンクの中では発酵している。それを皆で見せていただいて香りを楽しみながら、焼酎や日本酒の製造過程の勉強会となる。
240327takenoi2
焼酎となるための蒸留装置。。。
240327takenoi3
この勉強会は素晴らしく感じたし、何よりも自分たちが手掛けたお米がその舞台の中心にいると思うと、それだけでも学ぶべき対象が大きく違って見えてくる。無事においしい焼酎ができることを楽しみにしている。

見学会の後は、畑山農場の古民家大広間で説明会。
もちろん武の井さんのお酒を楽しみながら・・・。
240327takenoi4
久保酒店さんの説明や想いを聞き入りながら・・・。
企画や参加者の中心は30代半ばの若ダンナ衆が中心だ。
とてもうらやましく思う^^・・・・ははは。

結局、最後まで残った自分たちは2時までいた。。。
240327takenoi5

農業。。。 野菜やお米を作って売るというだけではない、このつながりを持てる仕事であることを心から再認識をする。野菜やお米を通じて得られる感性やお仲間さん。このような一員になれていることはとても幸せな時間だと思う。
ありがとう~。
これからの時代の方向性を、皆が感じているからだと自分はそのように嬉しくなっている。

この焼酎のネーミングは「こぼれ種」。
大きな広がりをイメージされている。。。