イベント参加

寺子屋~トーマス

甲州寺子屋という、学びの場に出向く。
2か月に一回ぐらいのペースで開催されているようで、以前からちょっと気になっていた。P1040307
今回は主催の保坂さんと知り合いになったこともあり、「毎日を健康に生きるために」というテーマへの参加。

FBでの情報発信力がすごい岡本さんをはじめ、4人のパネラーの方のトークセッション。
お話しの内容そのものは、もうすでに情報としてはほぼ知っている事を確認した感じである。

この先どのようにして、この事実や情報を拡げ共有していくのか?の手法やアイデアを求めるのではあるが、中々そのような突飛なアイデアはない。
ただただ、その日常の暮らしの原点を見つめて、経済マネーを至上としない生き方の模索、という感じに集約される気がする。
 
 自分の中では、もう少し自分が食べるモノを、自己の身体と手を使って創りあげる時間を組み入れるべきではないだろうか?という想いがいつもある。

 また、この会の最後の質問者の方が問いかけておられた、「売上至上の社会システムの中で、右肩あがりではない社会にシフトしながら、いわゆる豊かな暮らしに変化させるには?」という主旨の疑問は、本音だと思った。
 行詰まりを感じている現行システムから変化をもたらすには、どのように対応すべきか?は、自分も含めた個々人のマネーの使い方と携わり方に尽きるのだろうと思うのだが、その壁は分厚い。
 ほんのちょっと気が付けばいいだけなんだろうけど、という想いの中にある「そうは言っても、」の一言の中に埋もれていく想い、ここからの脱却をほんの少し行えばいい、ということも理解する。

地道に、20年先を見ながら歩もうと思っている、この頃。
 

おまけ。
デパートの催事場で開催されたトーマスくんのイベントに。
P1040295
P1040298
P1040304
映像だけの世界よりも、ほんのちょっとではあるし半リアリティであるが、このリアルさの中でキャラクターのモノに触れて遊んでくれることを大事にしたいなあ、と思いながら。

手作り門松~古民家なかや

イベント古民家のなかやでの門松作りに。
PC300174

見よう見まねで作っていたら、ご近所のおばあさんが見かねて?ご指導に。
PC300175
縄を編むシーン。
何気なく、クイックイッ~~と編む上げていく姿に感動もの。
いいご指導をいただいた。

せっせと手作りした門松完成~。
PC300178
お正月を飾ります。

寒さ~お餅~豊かなお料理~おまけ。

先日の雪は、雪の量はそれほどでもなかったけれども、連日の気温低下で日陰の道は凍結がきつかった。
地域の組長の役の自分は、市から支給された塩カルを日陰の坂道に散布に出向く。
PC170033

このような地域での何気ない作業で、皆で協力して暮らしている。

作業の方は、ビニールハウスの第2弾の組み立てを再開の続きなど。

またキムチの漬け込みも完了した。
9534ad14

 ↓ 下漬けの時の塩の擦りこみ。
d5af5194


近所にある福祉施設の「緑の風」さんにお呼ばれをして、餅つき大会へ、みんなと。
PC190038
いよいよ餅つきのシーズンに突入ーー。

夜は、お野菜を使ってもらっている「ふらここ食堂」、タダリコ、素透撫の3店舗のシェフで結成された北杜シェフズクラブの、お料理共演のクリスマスパーティへ。
10846049_774585089286376_5152604814116308426_n

10294408_730220240402193_3620606563417627183_n

PC190072

素透撫さんにて農場のバターナッツ・カボチャを使ったスープを振る舞っていただいた。
後でお聞きしたら、バターナッツと塩と水のみで作ったとの事。
野菜のそのものの味を引き出していただいていて、美味しかった~。
PC190074
このような関係で、野菜とお料理と農家とシェフ、そして食べる方がつながることは嬉しい。

お料理のメニュー
1475958_774553342622884_2751351198187542998_n
いろいろな農家の野菜をたくさん使っていただいて・・・。

全てのことが、本当に豊かな八ヶ岳だと思う。


おまけ。
カメラを扱えるようになった3歳の娘が撮影~。
PC190047

PC190049

冬支度2014~音・楽のある暮らし

いよいよ本格的な冬がやってくる。
今年は12月初旬からきつい寒さがあるので、例年よりはちょっと早い感じである。

そら豆への防寒。
PC130026

久しぶりのそら豆栽培。
例年、きちんと冬を越すのが難しい。
今回は、ワラで防寒をしてみる。
昔は、黒マルチ+タフベルトンネルなどで対策をしていたが、不耕起となった今は、同時に資材系をあまり使わないで挑戦をしている。
PC130027
きちんと冬をこしてくれるかどうかは春にならないとわからないが、このような環境の元で冬を越してくれたモノから、また種を継ごうと思っている。
 竹筒は、種まき時にセットしたもの。
春になって草が茂った時に、草刈り機での草刈りで切り取らないようにするためのモノ。
まあ、完璧に防止できるとは思わないが、一次的な切り取り防止策。

除雪対策として、トラクターのバケットの両サイドを拡張してみた。
PC130025
タイヤの幅よりもバケットの方が短く、道路の雪を掻く時に残った雪でうまく除雪できなかったので、少しでも軽減できるように、なんちゃって加工をしてみた。

夜は、えーこさん・じゅんくん&ねむねむの木さんのライブへ。
PC120014
場所は、蕎麦のお店で有名な「翁」さん。
PC120018
夜の営業はないため、お店をお借りして、投げ銭&一品持ち寄りライブ。

ねむねむの木というユニット名で、キャンピングカーを利用して全国ライブをされているお二方。
PC120019

どちらのユニットも、素晴らしかった。
まさに、「音・楽」を聴かせてもらった。

テレビなどのメジャーなモノとの出会いがほとんどとなってしまう暮らしの中で、本当に心に響く活動をされている人たちはたくさんおられる。

ひとつひとつの生き方は、数限りなくある。
そのような生き方をされていることを尊敬するし、少しでも、そちら側で生きることの充足感を、これからも共有していきたいな、と思う。

地元のちいさなお祭り事。。。

地元、津金の「りんご祭り」に出向く。
素朴な地元の方々のお祭り。
PB300214

津金産のリンゴの箱売り即売会や、写真の皮むき長さ競争など。
皮むき競争っていう催しは素朴で好きだ^^。
・・・で、地元の方のお祭りは、素朴さはあるものの、もう一捻りを加えればもっと華やかになるだろうになあ~、という印象。。。クリエイトな移住民と、都市部観光客相手の目線で企画を融合すればいいのかもなあ?と思いながら・・・。

津金古民家「遊絲舎」にて、伝統芸能のあやつり人形のレクチャーを受ける。
PB300218
う~ん、なかなか難しい。
ヨハナさんが操るのは、ひょいひょいと生きている様~。

その隣の「古民家 なかや」でまったりと・・・。
なかや2
農業研修に来た大塚さんが管理人として切り盛りされている。
大塚さんの人柄が出ているような、ゆったりとした空間になっている気がする。

その後は、原村のピースドームに出向き、ぐるぐるピース市にお顔出し。
(あっちゃんのFBから写真をお借りして・・・)
ぐるぴー2

ここに3か月ほど、農業研修にきた「たわわ」のめぐちゃんのベジプレートをいただく。
ぐるぴー1
綺麗~。

・・・・とその後は、ピースドームに近い場所で、なんとビニールハウスに住みながら農業を始めた知人の所に出向く。
行くと、廻りの木を伐採していた。
これから冬の雪に向けて、きゃしゃに作ったビニールハウスの補強をしなきゃいけないんじゃない?とか、なんとか、の会話をしながら・・・。
記事検索
プロフィール

N.Tokunaga

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ