無肥料・不耕起

久しぶりに耕運~ホウレンソウ。

久しぶりにトラクターに乗る。
田んぼの秋の荒起こしを、やっと行えた。

畑は、ほぼトラクターでの「全面耕起」をストップしているが、田んぼを不耕起にするまでは至っていない。
PC040227

先日行った収穫後のワラを切りワラにしたもの、土の中に混ぜ込んでいく。

まあ、あたり前過ぎる作業ではあるのだが、近代の稲作形態では常識とされていることに、ほんの少しは疑問を持ちながらトラクターの上でのんびりと考えたりもする。

別に、不耕起がいいとか、トラクターがダメとかの区分による良し悪しではなく、ただただ、あたり前という事そのものに疑問を持つことも、あり、ではないか?ということを考えながら。

トラクターの効能は、作業の効率化や肉体的な疲労の軽減など、多大な功績をあげているとは思う。
歴史的に考えれば、戦後の食糧不足の時期に思考された大量生産・大量供給の実施など。
 そのような歴史を過ぎて、食生活のスタイルや世界から食の輸入なども変化したことで、今はお米が過剰とされる時代となった。
 この時代に、賃金確保を成すために更なる機械化や効率化を求めているが、貨幣経済の中では苦戦を強いられている農業の実態となってしまっている。
 それに伴って農作業に従事する人も減っていく構造が追い打ちをかけて、効率化スパイラルに陥っている。

トラクターという目の前の事象ひとつでも、便利さを求めた結果に流れ来る「本来の必要な姿」が変化し、何処かに追いやられている。
 自然の中に生かされている人類という動物は、その姿の変化をキープするために、環境というモノを食いつぶしている気がしてならない。
 どこで?そのスパイラルに気が付くのだろうか?と、最近は、いつも思うのだった。

 また、重量のあるトラクターが土の上を走り回ることによる鎮圧での耕盤層の形成や、人為的に細かく粉砕された土の再固着などによる土の更なる凝固を引き起こす弊害もある。
 この弊害は、微生物層などの目に見えない営みに影響を及ぼし、いわゆる自然な流れによる土の形成ではないがために、常に人為的な労力を加えなければならないサイクルも引き起こしている。

地球という環境は、光や空気や水、また鉱物や石油資源などなどの多大なモノを無償で与えてくれている。
その無償で与えられているモノを「あたり前」だと疑問を感じないがために、いろいろなモノが見えなくなっているのではないか?などとも思う。

自分も、もちろん、大多数の人が気が付いていない、というか、忘れている気もする。
「あたり前」ということを、たまには疑問を持って暮らすことも大事なアイテムだと思うのだった。


そんな想いで始めたのが、不耕起・無肥料での栽培への挑戦。

やっとホウレンソウが育つ土に変化を始めてくれている。
PC040229
有機農業を行っている時でも、ホウレンソウの育つ環境になるのは少し時間がかかったように思う。
特に、酸性・アルカリ性のPH濃度が重要だと教わり、石灰などの投入によって調整することがあたり前だと思っていた。

でも実際は、何も施さなくても、このように育ってくれる。
教えられた常識とされるものが、見事に覆された現実だ。

このような姿を見てもまだ、肥料は必要だと言う声は、他からも自分からも聞こえてくる。
それは、今の社会の中で暮らすための賃金確保という名目があるからである。

賃金的なことを、もちろん全否定はしない。

 ただ、経済というモノは、効率や不効率の中で育まれていく回転なだけ、なので、その回転スピードが変化すればいいだけのことだと眺めている。
 今の回転は、無償で与えられているモノを、無限なモノという勘違いの前提で進んでいる気がする。

特にこの日本や、先進国と呼ばれる国々、もちろん自分たちという個々も含めて、物質的なものはかなりの部分で満たされているのだが、未だに前世代的な、物理的な「モノが欲しい」という前提条件の中でもがいている気がする。

時代が求めるモノは、いつの時代も変化をしている。

 もうそろそろ、それなりに大きく変化をするとは思うし、それに伴った経済スタイルへの思考の変化に向けて、ちっぽけな自分からも始めようと思う。
 経済は、1人では廻るものではないが、何かのスタートは、常に少人数からである。
別に、物理的な通貨スタイルを代えるということではなくとも、使い方やもらい方、その他の多くの事柄を、まずは自分の無理の無い範囲で変化を始めてみよう、と思う。
 まあ、節約というか?今、あるものを大事に使うというか、これは「あたり前」のことになるのだけれども^^・・・。


こちらは、種まきを遅らせた冬越し用のホウレンソウ群。
PC040231
いわゆる冬草と共生しながら、春まで待つ姿となっている。

これから寒い冬を迎え、それを越すことで創造される甘い糖分を自分たちに与えてくれる。
こんな姿を目の前に眺めながら暮らせる豊かさをありがたく想うし、これからも、この視点は大事にしたいと心から思っている。

小麦、ちょっと播種が遅れたが・・・。

かがやき夢農場のみなさんに、小麦の種まきをやってもらっているシーン。
ちょっと播種が遅れたが、ここは斜めになっている畑でもあり、何かしらを植え付けておくことで土の流出を軽減させたい目的もある。
PB270181
今年の全ての小麦は、不耕起・無肥料の畑にて播種。
ここは、大豆栽培の跡地。
大豆の茎が残る横に、一晩40℃の残り湯に浸けて芽出しをした小麦をパラパラと手蒔きにて。

播種前に、除草鎌のけずっ太郎にて少し土をほぐし、播種後にもう一度、けずっ太郎にて撹拌して土掛け。
PB270183
その後、足で鎮圧をしてもらい・・・。
PB270184
写真奥の緑のラインは、このあたりの営農グループが蒔いた小麦。
その小麦は、もちろん耕運し、化学肥料を蒔き、除草剤を散布してある。
その真逆に近い手法での、小麦栽培が隣接する。


3時からは、福祉施設としての行事の交通安全講習会が開催された。
PB270187
モニターに写る道路を、仮想自転車に乗って運転し、安全を確認するというものだ。

こちら↓は、50mの区間に10m置きに光るランプを設置し、時速50kmとか70kmとかの迫りくるスピードを視認する装置。
PB270188
・・・と、まあ、交通安全の講習としては、あり、なのだけれども。。。
ちょっと税の使い方が違うようにも思えるのだよな~~。

講習時間は1時間。
この準備に4人もの方が来場だったのだが、まず、ここで違和感^^。
そして、自転車シュミレーションの装置も、なんだかお金がかかっているなあ~という印象。
子供向けの自転車講習としては有効だろうとは思うが、それにしてもなあ???という感じ。
まあ、楽しく受けたけれども・・・・。

野沢菜~保存食。

野沢菜の収穫を、さかさんと一緒にしているシーン。
早朝の氷点下の日々が始まり、いよいよ畑から野菜たちの姿が少なくなっていく。
PB190144

無肥料・不耕起で、それなりに大きく育ってくれているのだが、初期の生育スピードはゆっくりだった。ある時を境に、ググンと大きくなった感触がある。
このゆっくり育つ過程で、寒さにもそれなりに強く(対応)出来ているのではないか?と思えるが、どうなのだろうか?
肥料を施すと、その一つ一つの細胞が膨れているだけ・・・、という主旨の何かの記事を読んだことがある。
つまり全体の細胞数は決まっているのだが、その密度の違いによって見た目のみが違っているという主旨だったように思う。

暑さ、寒さ、多雨、少雨・・・、その時の変化に対し、その場にある肥料的な要素のみでゆっくり育った場合には、やはり対応力もあるのではないか?というような気もする。
どうなのだろうか?
要・観察ではある。
PB190145
野沢菜を漬け込み、タクアン、切干大根、白菜キムチ漬け、大豆などの豆類の貯蔵、イモ類の貯蔵・・・などなどによって、冬という野菜がフィールドから消える場面を受け入れて、準備し、季節に寄り添った暮らしに身体を合わせていく。
 今の社会構造の中では、いつでもどこでも食べ物は「買える」状況の中で、あえて、この貯蔵の智慧で暮らせることそのものに、ありがたさを感じる。
 大多数の方々は、このような体感がないままに暮らしておられる。それでも暮らせるからであるが、今の時代に、このような暮らしが出来ることが人生の中の経験値の蓄積には、自分にとっては貴重な事であると思っている。

特別な事は何もないけど、たくさんある。
やはり、素晴らしい時間を過ごしているのだな、と再認識をしている。

種継ぎ~満たされる気持ち。

冬支度で、キャベツの植え替え。
食用ではなく、たねを継ぐため。
PB180136

育苗ハウスの片隅に、育ちの良かったキャベツを選抜して収穫しないようにしていたものを移植。

育苗ハウスは防虫ネットで囲っているので他からの交配も防げるだろうと思う。
このキャベツは2代目(2013の夏に採取したものが育った物。)
PB190139

これから継げれば3代目となって、肥料が無い畑、少雨乾燥ぎみにこの地の記憶をどんどん蓄積してくれるだろう、と目論む。

不耕起・無肥料にして、すぐに良いモノが育つわけでなく、つまり闇雲に種を継いでもダメで、土の変化に伴って野菜たちの育ちが良いものから継がなくてはいけない。
 土の変化と同時進行。。。

PB190140
いろいろな野菜の種継ぎが増えてきた。

種を取り出すだけでもちょっとした手間がかかるし、交配しないようにとか、いろいろな手間がかかっていく。
でもしかし、なんとも言えない満たされた気持ちと、愛着と、つながる達成感をもらいながら農の暮らしを続けていきたいと思う。

約3年前に、本格的にはじめて、もう3年。・・・まだ3年。
何ごとにもスタートがあるが、この種継ぎを3年前から始めてよかったと、時間をしみじみ感じている。

竹筒ポット?~不耕起で小麦(みんなで農園)。

大き目の竹を、約7~8㎝にカットして上部3㎝ほど出して埋め込み、そこにスナップエンドウの播種をしてみている図。。。
PB120100

今年のキュウリ栽培の跡地に、不耕起で何も片付けずに行っている。
春になれば草が生い茂るが、その時の草刈りガード用にならないか?と目論んでいる。
草が生い茂るとカブ元が見えなくなり、草刈り機で、つい、野菜たちもカットをしてしまう。それの一次的なガードになるのでは?と・・・。
PB120101
キュウリの勢いがなくなってからは草刈りもすることなく、メヒシバを茂らせていた。程よい?^^高さでメヒシバが生い茂り、これからの越冬時の風よけにならないものか?とも考える。
 不織布を被せたり、ワラでガードしたりしていたが、ちょっと風を除けるだけでもいいだろうし、何よりも、その作業手間がなくなる(かも?)しれないので、一石二鳥?になるかもしれない・・・。
PB120102
 また竹筒ポットでカブ元がガードされることで、これも寒さ除けになるかも???、とか。。。
(今後、モミガラ燻炭を作ったら、このポットの中に少し入れよう、とも思っている。)
ま、竹は無尽蔵に地域にあるので気兼ねなく使えるし、朽ちれば土に還っていく。また竹チップは土作りに良いかも?と言われているので、何らかの竹の成分でいい菌の作用がでるかも?しれない。
 栽培中の畝の中の草も、なるべく抜くのではなく、刈り取りたいと思っているので、その刈り取りの際の手間(気を使って刈り取る微妙な労力~大きな精神的な負担?)も、この竹筒ガードで軽減できるかも?しれない。
出来れば、竹筒ポットを固く仕上がるような竹炭化して使えば、もっといいのかもしれない?とも妄想する。


小麦播種の準備を行ってもらっている。
前作は、先日まで繁っていた大豆。(2年連続で大豆だった。)
PB110094
大豆の畝間に繁ったメヒシバは、大豆栽培中に一回だけ草刈りに入ったものの、程よく?メヒシバに繁ってもらった^^。。。その枯草が残る。
まずは、草刈り機でランナーとして繁ったメヒシバを軽く刈り取りして、熊手でサイドに寄せてもらい、除草鎌にて中耕除草の要領で軽く土をほぐしてもらい・・・。
 大豆の刈り取りクキが残っているので、ラインも真っ直ぐ出来る。。。
 (かがやきのメンバーさんは、何回もこの要領でいろいろな畑の準備をやってもらっているので、もう何も言わずとも、イメージ通りの畑の下準備をやってもらえている。。。)

40℃程度のお風呂の残り湯で、一晩だけ芽出しを行った種を播種。
PB120104
播種は、細々^^と楽しく続けている「みんなで農園」メンバーのえーこさんとジュンくんにて。
(作業のお礼には、無肥料で大きく育ってくれたカリフラワーやブロッコリーにて、物労交換~~。)
PB060068

播種後は、軽く土を足で寄せて、踏みつけて鎮圧。
PB120106
その後、枯草と大豆の脱穀殻を上部に乗せて、鳥へのカムフラージュとマルチング。。。
・・・と、夏の間の草の残し具合^^さえも、大事な?アイテムとして、シーズンを通して循環している。。。
さて?どうなることか???

この畑は、やっといろいろな野草が茂るようになった。
借りたすぐの時(約10年前)は、イヌタデだけが一面に生い茂っていたことを思い出す。
どうも?廻りの田んぼの圃場整備の際に、上層の土を客土として削りとられた気配があり、赤土の畑である。

借りた後の数年は、有機で行っていたが今一つで、主に、大豆やモロヘイヤとかカボチャなどを輪作的に栽培していた。
 昨年は、大豆。
今年も、昨年の大豆を刈り取り後に耕すことなく、大豆を栽培。
そして、この秋に、やはり不耕起で小麦を栽培してみる。。。


不耕起を続けてきて、いろいろ考察をする。
 やはり、野草の根っこ、栽培した野菜たちの根っこが、土の中で縦横無尽に張り巡らされているのだろう?と思う。その網目のようになった根っこが、人知では構築できないような緩衝材となって畑の中に構築され、なんとも言えない、トラクターで耕運したものとは違う柔らかさを感じる。
 また、そこに生えてくる野草の種類の変化も感じるし、畑という大地そのものが、大きな枠で循環されていることも感じる。
 その中で「野・菜」というモノが育つことを見てとれて、「自然の中でたわむれた生き方をしたい」と農の世界に入る時に感じたことを、まさに、今、出来ている。

・・・もちろん、廻りのありがたいお手助けで出来ている。

不耕起・無肥料栽培の準備期間のような感じで、約3年が過ぎた。
少しずつではあるが、イメージ通りに育つものが出てきたし、作業ルーチンもなんとなく見えてきた気がする。
いよいよ、来年から次のステップに入る。
そんな流れが、流れ込んでいることもある。
ワクワクしている。
(・・・と、またも^^、目に見えないありがたい流れを信じる、今この時。)
記事検索
プロフィール

N.Tokunaga

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ